図1―日本と中国の貿易額
図1―日本と中国の貿易額
図2―先進国(G7)における国及び地方の借金額
図2―先進国(G7)における国及び地方の借金額
図3A―日本の食品別食料自給率
図3A―日本の食品別食料自給率
図3B―都道府県別の食料自給率
図3B―都道府県別の食料自給率
図3C―世界主要国の食料自給率
図3C―世界主要国の食料自給率
図4―日本の農林業就業者数
図4―日本の農林業就業者数
図5―日本の製造業の就業者数
図5―日本の製造業の就業者数
図6―製造業における大企業と中小企業の出荷額と就業者数
図6―製造業における大企業と中小企業の出荷額と就業者数
図7―地方自治体の借金
図7―地方自治体の借金
図8―首都圏で拡大するヒートアイランド領域
図8―首都圏で拡大するヒートアイランド領域
図9―電力自由化と電気料金の変化
図9―電力自由化と電気料金の変化
図10―中国を除く日本のアジア貿易総額
図10―中国を除く日本のアジア貿易総額
図11A―自由貿易によって増加する世界の失業者数
図11A―自由貿易によって増加する世界の失業者数
図11B―東南アジアの失業率
図11B―東南アジアの失業率
図12―戦後の鉄鋼生産量トップ10
図12―戦後の鉄鋼生産量トップ10
図13A―驚異的な中国と世界の鉄鋼生産量トップ10、図13B―世界の鉄鉱石の生産量
図13A―驚異的な中国と世界の鉄鋼生産量トップ10、図13B―世界の鉄鉱石の生産量
図14A―世界貿易のトップ10
図14A―世界貿易のトップ10
図14B―世界主要国1人当たりの輸出額
図14B―世界主要国1人当たりの輸出額
図15―膨張する一方の中国の財政赤字
図15―膨張する一方の中国の財政赤字
図16A―中国全土の地図
図16A―中国全土の地図
図16B―中国の山脈と日本近海の海流
図16B―中国の山脈と日本近海の海流
図19―日本、韓国、台湾のLNG輸入先(2002年)
図19―日本、韓国、台湾のLNG輸入先(2002年)
図20―アジアにおける原油生産量と石油消費量
図20―アジアにおける原油生産量と石油消費量
図21―アジアにおける天然ガスの生産量と消費量
図21―アジアにおける天然ガスの生産量と消費量
図22―アジアにおける石炭の生産量と消費量
図22―アジアにおける石炭の生産量と消費量
図23―アジアにおける水力発電の消費量、図24―アジアにおける原子力発電の消費量
図23―アジアにおける水力発電の消費量、図24―アジアにおける原子力発電の消費量
図25-1―アジアにおける発電量
図25-1―アジアにおける発電量
図25-2―アジアにおける発電量
図25-2―アジアにおける発電量
図26―アジアの人口、図27―全世界に占めるアジア太平洋地域のシェア
図26―アジアの人口、図27―全世界に占めるアジア太平洋地域のシェア
図28―中国と日本の消費資源の比率
図28―中国と日本の消費資源の比率
図29―外国人投資家の売買額と日経平均株価の相関性
図29―外国人投資家の売買額と日経平均株価の相関性
図30―日本国債の保有比率
図30―日本国債の保有比率
図31―個人金融資産と負債額
図31―個人金融資産と負債額
図32A―日米間の金の流れ①(2003年)
図32A―日米間の金の流れ①(2003年)
図32B―日米間の金の流れ②(2003年)
図32B―日米間の金の流れ②(2003年)
図32C―日米間の金の流れ③(2003年)
図32C―日米間の金の流れ③(2003年)
図33―日本の外貨準備高
図33―日本の外貨準備高
図34―世界各国の米国債保有残高の変化
図34―世界各国の米国債保有残高の変化
図35―日本の貿易収支
図35―日本の貿易収支
図36A―郵便物(年度別引き受け総数)
図36A―郵便物(年度別引き受け総数)
図36B―郵便貯金(年度末残高)、図36C―簡易保険(年度末保有契約高)
図36B―郵便貯金(年度末残高)、図36C―簡易保険(年度末保有契約高)